人材育成について見直したい、相談したい

なぜ体系的な社員教育が必要なのでしょう?

新人を採用しても、3年間は先行投資と言われます。
即戦力が欲しいから中途社員を採用するところも多くなっています。
いずれにしても、会社には会社ごとの伝統やしきたりがあります。
まず初めにきちんと会社のことを理解することは重要です。
何をするにも目的が明確になっていなければ努力のしようがありません。
会社の目指すものは何か、どう成長してほしいのか。
こうしたことをきちんと教えることから人材育成は始まります。
社員の成長に合わせて体系的に研修を行うことは、本人の成長を促し、ひいては会社の売り上げに貢献してくれるからです。
何もしないで、あいつはダメ、なかなか成長しない、ということは自分の価値観で相手を評価していることになるのです。

人材を人財にするために

速く走ってほしいと望むなら、体作りや・走り方・練習の仕方・目標の設定をしなければ、早く走ることはできないでしょう。
教育を積み重ねることで、考える力・対応する力・強調する力など様々なスキルが身についてきます。
すぐに目に見える結果を求めることが難しい人材育成ですが、取り組まなければ将来成長することもありません。
人は変わることができます。
会社にとって人財となるように変わってもらいたい、そのために人の可能性を信じることができますか。
来年かもしれません、3年後かもしれません、10年後かもしれませんが教育をしなければ、花を咲かせ会社にとってかけがえのない人材にはなりません。
教育担当や研修担当になったら「ひとそだちの応援団」K&Yに是非ご相談ください。
一緒に人材が人財になるサポートをしませんか?
人の成長にかかわることは、まぎれもなくあなたの成長にもつながります。

お問い合わせはこちらから


資料請求 / お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00 ~ 17:00)

083-928-5508